早漏症の基準とは?何分間で射精するか?

早漏症の基準とは?早漏症とは、いわゆる早漏症のことです。性行為の際、男性の射精が早いことをいいます。
パートナーの女性に不満があらわれることはもちろんですが、男性側が自信を無くしてしまう原因ともなる病気です。日本では100万人程度の男性が早漏症に悩まされているといいます。早漏症の基準とは?と聞かれたとき、以前はパートナーの女性が満足する前に射精してしまう状況のことを早漏症と呼んでいました。パートナーとの相性が主な診断根拠となっており、何分で射精しているために早漏症である、という定義は存在しなかったのです。
そのような定義では一般化が難しいために、現在では、早漏症の基準とは?と聞かれた場合には、何分で射精したかを基準のひとつとしています。一般的に、男性は6分から7分での射精が普通だと言われていますが、2分未満で射精に至る場合には一般的に早漏症だとされています。ですが、実際のところ何分で射精していようが、パートナーの女性が性行為に満足している場合には露見しない問題でもあるために、結局は女性との相性も大きくかかわってくる病気となるでしょう。
実は現在でも、早漏症の具体的な原因は解明されていません。以前は陰茎部の皮膚が過敏であることが原因ではないかと言われていましたが、現在ではストレスや心因性の問題が原因ではないかという推測が立てられているのみです。また、ときに器質的な問題がある場合もあります。
現在では、安全性が信頼されている薬も登場しています。最近では、日本でも認可されている早漏症治療薬が登場してきたために、医師からの処方箋で薬をもらうこともできるようになりました。医療の力で付き合っていくことができる病気となりました。